Concur® Invoiceとの連携で、
支払業務のペーパーレス化とリモートワーク化を実現

Concur® Invoiceの連携で、データ入力を効率化

SAP Concur App Centerの新たなサービスとして、請求書の画像をAIで読み込み、解析し、コンカーの請求書管理クラウド「Concur® Invoice」にデータ連携するAIソリューション「Remota」の提供が開始されました。これにより、Remotaに搭載されているAI機能で請求書の画像を読み込み、解析し「Concur® Invoice」へ自動データ連携の実現が可能になりました。

Concur® Invoiceとのデータ連携の業務フロー

  • STEP 1 請求書を受け取る

    請求書の受け取り方は大きく2パターンあります。

    一つは、郵送で送られてくる請求書やFAXによる請求書、つまり紙で受け取るケースがあります。もう一つは、電子請求書といわれるPDFで受け取るパターンがあります。取引先によっても請求書の発行方法は異なります。Remotaはどちらにも対応できます。

    <D2D: デジタルtoデジタル>

    取引先からメールで請求書をPDFとして受け取って、請求書の内容を確認した後に、Remotaの専用メールアドレスに転送します。コロナ禍の中で、請求書をメールで受け取るケースが多く、スキャンの工数もいらないため一番オススメのペーパーレス、およびデジタル化の方法になります。

    <A2D:アナログtoデジタル>

    取引先が請求書をメールで受け取ってくれないケースは、紙の請求書を複合機などでスキャンして、ストレージにアップロードします。

  • STEP 2 OCR処理・自動仕訳

    アップロードされた証憑はRemotaのAI-OCR機能で読み取られます。請求書の内容(日付・金額・発行元会社名・発行元口座情報など)を読み取り、Remota上で17項目のベリファイを行い、整合性を確認することができます。17項目のベリファイとは、取引先マスターデータとの照合や重複チェック、未入力欄の有無など。ベリファイの設定は各社ごとに設定することができます。さらにAIにより、勘定科目の仕訳を自動的に行います。

  • STEP 3 確認・修正作業

    RemotaがOCRで読み取ってAIにより仕訳した請求書の内容は、Remotaの管理画面から確認できます。Remotaの管理画面では、解析された17項目のベリファイ結果との整合性を確認することができます。再確認が必要な項目にはマークが表示されます。経理部門などの担当者が確認を行い、Remotaの管理画面で内容を修正しましょう。

  • STEP 4 確定データをConcur® Invoiceへ入力

    Remotaの管理画面で修正された請求書の内容は確定データとしてConcur® Invoiceへ入力します。Concur® Invoiceへの入力はAPI連携が可能なので、Remota上にある「Concur® Invoiceへエクスポート」ボタンを押すだけで実現できます。

POINT: 紙の請求書と電子請求書の混在も解決!

紙の請求書と電子請求書が混在することも経理部の課題と言えます。例えば、重複して申請してしまうケースもあるでしょう。Remotaは二重申請なども検知することができるので、支払ミスを未然に防ぐことができます。

Concur® Invoiceとの連携のメリット

簡易な設定でデータ連携

「Concur® Invoice」と連携する「Remota」は、個別にAPIを使ったプログラミングをする必要がなく、容易に自動連携の設定ができます。

支払業務の効率化

Concur® InvoiceにRemotaによるAI機能を追加することによって、入力作業の自動化、入力内容の確認の効率化を実現できます。業務の自動化だけでなく、業務改善効果も期待できます。

AIの学習に工数不要

請求書RobotaはAI搭載で事前に学習した状態で提供しますが、読み取りができない請求書がでた際も、ベンダー側が追加でAIに学習させて精度の向上をさせるため、顧客側の作業は不要で手軽に運用できるため、満足度が高い顧客がたくさんいらっしゃいます。

A2DだけでなくD2Dへの対応

紙の請求書をスキャンしたPDFをRemotaのAI機能で読み取り、請求書管理システムのConcur® Invoiceに自動入力する「A2D(アナログトゥデジタル)」を実現。さらに最初からデジタルで受け取り、社内処理もデジタルで行う「D2D(デジタルトゥデジタル)」にも対応します。電子請求書(PDF)と紙の請求書で受け取っても経理業務効率化ができます。

導入事例

Concur® InvoiceとRemotaを連携で、支払業務を効率化

Concur® Invoice の連携|ユースケース

“AIとRPAを活用したプラットフォーム”を開発、安定性と生産性の高いBPOサービスへ

導入事例|SB C&S株式会社

スキャン出社の削減から始まったAI-OCR導入

導入事例|株式会社 セゾン情報システムズ

SAP Concur Partner

  • SAP Concur Partner
    戦略ビジネスユニット
    03-6700-8800
    JPABRPAMAIL@abeam.com
    アビームコンサルティングのデジタル変革支援は単なるAI-OCR導入支援ではなく、 RPA等のデジタルツールとの組み合わせにより、「人とデジタルが融合した新たな業務プロセス」を構築し、業務効率の飛躍的な向上を支援します。 デジタルツール活用に向けた改革構想策定・設計開発・運用保守・人材育成・統制ルール策定までの一貫した支援により、お客様のデジタル変革に貢献します。
  • SAP Concur Partner
    エリア事業本部 営業統括部
    050-3000-2117
    1970年創立の独立系ITソリューションベンダーです。 PoC、導入、運用、定着化をワンストップで提供。多くの基幹/業務システム構築・開発を手掛けてきた経験を活かし、お客様の業務改革の実現を支援します。
  • SAP Concur Partner
    03-5859-6001
    rfi@jsol.co.jp
    https://www.jsol.co.jp/solution/jsol_concur.html
    株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション 分野において、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・ 流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のICT投資効果最大化に貢献するICT サービスコーディネーターです。
NEWS
ニュース