Concur® ExpenseとRobotaの連携で
照合作業を自動化

Concur® Expenseの連携で、照合作業を自動化

経費精算クラウドシステム「Concur Expense」にデータ連携するAIソリューション「Robota」。Robotaに搭載されているAI機能で領収書やレシートの画像を読み込み、解析し、「Concur Expense」の入力データとの照合を自動化することができます。さらにRPAを活用することで、上長承認や経理部での確認作業などのワークフローも自動化し、経費精算業務を効率的に行えるようになります。

全従業員が関わる経費精算業務を効率化し、正確かつ速い会計処理をConcur ExpenseとRobotaの連携で目指しましょう。

RPA×Remotaによる領収書突合の自動化

Concur Expense×Robota×RPAを活用した経費精算業務フロー

  • STEP 1 領収書やレシートを撮影&経費入力

    紙の領収書やレシートを受け取ったら、スマホなどで撮影します。
    Concur Expenseに領収書やレシートの内容を入力し、電子化データを添付し、「経費エントリ(※1)」します。毎月の締め日前に経費レポート(※2)を申請します。

    ※1…経費一つ一つのことを、Concur Expenseでは、「経費エントリ」と呼びます。
    ※2…1回に申請する際に作成する「経費精算書」のことを、「経費レポート」と呼んでいます。

  • STEP 2 上長承認

    不一致の経費エントリは、差し戻され、一致している内容だけが上長承認待ちになります。上長承認の際には、不一致の経費エントリは差し戻されているので、上長の確認作業は削減されます。

  • STEP 3 照合作業をRemotaとRPAが自動化

    経費レポートが申請されると、RPAが添付の領収書の電子化データをダウンロードし、Robotaに読み取るように指示します。Robotaは電子化データを読み取り、文字データを抽出します。次に読み取った文字データが、Concur Expenseの入力内容とあっているか確認します。RPAが不一致の場合は差し戻し、一致している場合は上長承認に回します。

  • STEP 4 経理担当者承認

    一度、Robotaが内容の整合性や二重申請などをチェックしている状態です。経理担当者は目視で確認すべき申請内容を確認し、支払データとして確定します。

POINT: 突合業務の完全自動化し、経費精算の工数を大幅削減!

Robotaは入力内容と電子化された領収書の内容が一致しているか確認します。不一致なデータに関しては差し戻しを行うので、承認者や経理部門の負担が大幅に軽減されます。また、忙しく働く人の目視では気づきにくい二重申請なども検知することができるので、支払ミスを未然に防ぐことができます。

POINT: 電子帳簿保存法スキャナ保存制度に対応!

Concur Expenseにアップロードされた領収書の電子化データにがタイムスタンプが付与されます。電子帳簿保存法スキャナ保存制度の対応も可能。

Concur® Expenseとの連携のメリット

簡易な設定でデータ連携

「Concur Expense」と連携する「Robota」は、個別にAPIを使ったプログラミングをする必要がなく、容易に自動連携の設定ができます。

経費精算業務の効率化

全従業員が関わる毎月の作業が、経費精算。Concur ExpenseにRobotaによるAI機能を追加することによって、確認作業が軽減されます。Robotaがレシートの電子データを読み取り、入力内容との突合作業までを行います。

AIの学習に工数不要

AI搭載で事前に学習した状態で提供しますが、読み取りができない領収書がでた際も、ベンダー側が追加でAIに学習させて精度の向上をさせるため、顧客側の作業は不要で手軽に運用できるため、満足度が高い顧客がたくさんいらっしゃいます。

電子帳簿保存法スキャナ制度に対応

Concur Expenseにアップロードされた領収書の画像は、即座にタイムスタンプが付与されます。Robotaでは、アップロードされた画像を読み取ります。電子帳簿保存法にも効率的に対応していく組み合わせです。

Concur® ExpenseとRobotaの電子帳簿保存法の活用

電子帳簿保存法スキャナ保存制度を適用しようとする事業者は、「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」を所轄税務署長等の承認を受ける必要があります。無事に申請書が承認されて国税関係書類をスキャナ保存する場合の主な要件は以下となります。

POINT

電子帳簿保存法スキャナ保存制度の要件を満たすためには、「読み取り情報の保存の確認」だけでも確認作業は増えてしまいます。Robotaは、AIで確認し、要件を満たしているか判別することができるので、電子帳簿保存の導入により確認作業が増やさずに、効率化をはかることができます。

導入事例

Concur® InvoiceとRemotaを連携で、支払業務を効率化

Concur® Invoice の連携|ユースケース

“AIとRPAを活用したプラットフォーム”を開発、安定性と生産性の高いBPOサービスへ

導入事例|SB C&S株式会社

スキャン出社の削減から始まったAI-OCR導入

導入事例|株式会社 セゾン情報システムズ

SAP Concur Partner

  • SAP Concur Partner
    戦略ビジネスユニット
    03-6700-8800
    JPABRPAMAIL@abeam.com
    アビームコンサルティングのデジタル変革支援は単なるAI-OCR導入支援ではなく、 RPA等のデジタルツールとの組み合わせにより、「人とデジタルが融合した新たな業務プロセス」を構築し、業務効率の飛躍的な向上を支援します。 デジタルツール活用に向けた改革構想策定・設計開発・運用保守・人材育成・統制ルール策定までの一貫した支援により、お客様のデジタル変革に貢献します。
  • SAP Concur Partner
    エリア事業本部 営業統括部
    050-3000-2117
    1970年創立の独立系ITソリューションベンダーです。 PoC、導入、運用、定着化をワンストップで提供。多くの基幹/業務システム構築・開発を手掛けてきた経験を活かし、お客様の業務改革の実現を支援します。
  • SAP Concur Partner
    03-5859-6001
    rfi@jsol.co.jp
    https://www.jsol.co.jp/solution/jsol_concur.html
    株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション 分野において、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・ 流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のICT投資効果最大化に貢献するICT サービスコーディネーターです。
  • SAP Concur Partner
    050-5546-9101
    dx_dm_sales@cm.nttdata-smart.co.jp
    https://ssdejima.com/concurbpo/
    私たちNTTデータ スマートソーシングは、時代と環境の変化にスマートに対応するビジネスパートナーとして、 IT(ソリューション)と人(マネジメント型BPO)とAI/RPAを融合させた最先端のアウトソーシングを提供し、お客様の事業プロセスの最適化と事業価値の最大化に貢献します。 ご要望を超える「提案力」、期待を裏切らない「改善力」、先端をいく「技術力」により、お客様を未来への成長に導き、お客様と感動を共有することが、私たちのミッションです。
NEWS
ニュース