お役立ち情報

経理業務に関するお役立ち情報をご紹介します。

電子帳簿等保存制度における「電子取引データ保存」の要件

国税庁(東京国税局)の若手職員なども自らYoutubeチャンネルに出演し、広報活動を行っています。今回は11月5日に公開された「教えて!!令和3年度改正 電子帳簿保存法」という動画から、改正された電子帳簿等保存制度の中から、電子帳簿等保存制度における「電子取引データ保存」の要件等についてご案内します。

電子インボイスとシステムへの対応 ~システム追加改修の必要性~

インボイス制度に対応するには、既存の手作業を含めた経理業務では追いつかない…。こうした背景もあり、今注目を集めているのが、電子インボイスです。今回は、国税庁が示す電子インボイスとは何か、また電子インボイスへのシステム対応について考えてみたいと思います。

インボイス制度と電子帳簿保存法~国税庁インボイス説明会の資料より~

国税庁による「インボイス制度の説明会」がオンライン(Zoom)で開催されています。10月現在の状況では、10月開催の説明会は全て受付終了でしたが、11月は、これからあと7回開催されるようです。インボイス制度対応に向けた準備のポイントについて、抜粋してご紹介します。

インボイス発行事業者(適格請求書発行事業者)の登録申請

電子帳簿保存法の改正でどのような実務上の課題が発生し得るのか、業務全般から見直すことも求められます。システム対応を行う際の実務上の課題に焦点をあててポイントを解説します。

電子帳簿保存法改正と経理業務デジタル化

袖山先生に企業の経理部では、電子帳簿保存法に対してどのような準備をしていくべきなのか、経理業務のデジタル化はどのように行うべきかを伺いました。

改正電帳法の課題、ご存知でしょうか?No.2 ~電子取引のデータ保存が義務化されました!~

電子帳簿保存法の改正でどのような実務上の課題が発生し得るのか、業務全般から見直すことも求められます。システム対応を行う際の実務上の課題に焦点をあててポイントを解説します。

改正電帳法の課題、ご存知でしょうか? ~電子取引のデータ保存が義務化されました!~

来年の令和4年1月1日から施行される令和3年度の改正電子帳簿保存法では、メールなど電子取引における電子データの保存(電子保存)が義務化されます。今回は電子取引の電子保存に関する課題や対策について考えてみたいと思います。

電子帳簿保存法一問一答〜電子取引のデータ保存の留意事項〜

現状電子メールの添付ファイルで納品書・請求書等のPDFファイルを受領し、これを紙(書面)で印刷している場合は、令和4年1月からは電子で保存することになるため、その保存方法等が気になるところです。今回は、そうした保存方法について電子帳簿保存法の一問一答から留意事項を明確にしていきます。

電子取引の保存要件は何が変わる?電子帳簿保存法第10条と令和3年度の改正電子帳簿保存法第7条を比較

今回はこの電子取引の保存要件について、現行の電子帳簿保存法第10条と令和3年度の改正電子帳簿保存法第7条の見直し内容を中心に確認していきます。

電子帳簿保存法の改正内容と、電子帳簿保存法一問一答の解説

令和3年度の税制改正による電子帳簿等保存制度の見直しに関して、電子帳簿保存法一問一答などの詳細が7月に国税庁から公開されました。電子帳簿保存法の改正内容について、今回は財務省の解説資料からご案内します。