お役立ち情報

経理業務に関するお役立ち情報をご紹介します。

電子インボイスを含むインボイス制度への対応

電子インボイス推進協議会の発足と標準仕様の策定 2023年(令和5年)10月1日から導入されるインボイス制度を控え、今、電子インボイス(Electronic Invoicing)への注目が集まっています。 インボイス制度 […]

これからの電子帳簿保存法と新たなスキャナ保存制度

「電子帳簿保存法」は、企業の経理業務などで、紙の取引証憑として保存しなければならなかった帳簿や、請求書・領収書等の証憑書類を電子保存することを認める法律です。改正の基本的なご説明からスキャナ保存制度等の電磁的記録の適正保存を担保するための措置について紹介します。

電子帳簿保存法と請求書の実務要件

コロナ禍でテレワークが前提になった現在では、請求業務こそ手間やコストを削減すべき筆頭業務の1つ。請求書や領収書などの取引証憑を電子化する場合は、どういう観点で進めていけば良いのでしょうか。今回は電子帳簿保存法や実務要件に照らした検討ポイントを記載します。

PEPPOLについて

PEPPOLとは、PAN-EUROPEAN PROCUREMENT ONLINEの略からわかるようにEUの購買システムのオンラインに関する仕様を指します。PEPPOL準拠のインフラストラクチャの企業間利用や、調達以外の分野でのPEPPOLコンポーネントの利用も重要であると認識されてåいます。

令和3年度(2021年度)税制改正大綱から読み解く「2021年度:電子帳簿保存法改正」

インボイス制度が2023年の10月から開始されます。電子帳簿保存法の適用を申請するには、「税務署への申請前に準備・検討しておく」こともありますので、申請の流れを順に見ていきましょう。

インボイス制度をわかりやすく解説!インボイス制度の基礎知識

2023年(令和5年)10月1日より開始されるインボイス制度は、国税庁から公開されている資料だけでも膨大なものがあり、インボイス制度の全体像や現行との違いを把握するのは難しいところもあると思います。
今回は、そもそもインボイスとは何か、またインボイス制度になると現行の制度とは何が変わるのか、などについて解説します。

電子帳簿保存法改正

2020年に行われた電子帳簿保存法の改正について、その改正内容や初めて制定されてから行われた改正の歴史、さらには今後の方向性について解説しています。

電子帳簿保存法の申請

インボイス制度が2023年の10月から開始されます。電子帳簿保存法の適用を申請するには、「税務署への申請前に準備・検討しておく」こともありますので、申請の流れを順に見ていきましょう。

電子帳簿保存法の要件とは

電子帳簿保存法の保存方法と保存対象における要件 法人や個人事業主は、総勘定元帳などの帳簿を備え付け、取引を記録しつつ、貸借対照表、損益計算書などの決算関係書類や、契約書、請求書、領収書などの取引関係書類を、原則として紙で […]

インボイス制度におけるレシート(適格簡易請求書)

インボイスというと、一般的には請求書や納品書をイメージする方も多いと思いますが、インボイス制度(適格請求書等保存方式)においては、レシートもインボイスになります。ただしレシートの方は、適格請求書の記載要件を一部簡易にして […]